飼育環境

a0287763_225890.jpg


今日は逃太の飼育環境を紹介


ケージは、みどり商会の『ケースバイケース60L(高さ570×幅608×奥行305mm)』


高さが欲しかったのと、サイドを夏場はメッシュ、冬場はガラスと入れ換えられる点などから選びました


その背面にサンコーのコルク樹皮をシリコンで貼り、右側に100均とGEXの人工植物?を引っ掛けてます


コルクは見た目の良さと壁を登り降りする事で運動量をあげる目的、人工植物は見た目の良さと姿を隠すことでストレス軽減になるかと思い付けました


今の所、壁使ってよく動き回ってるし、寝る時は床材に潜るか人工植物に隠れて寝るという感じなので思惑通りになってくれてます



そして床材はリクガメ用に買ってたチップを5cmぐらい敷き、メタハラはスドーの『ソラーレUV70』バスキングライトはズーメッドの『バスキングライト150W』を使って、保温用に床からみどり商会の『ピタリ適温』、サイドから同じくみどり商会の『暖突L』を使ってます



流木は、流木に登ってその上でバスキングする姿を見たかったので形にこだわった結果、最上川の流木を取り寄せました


今の所、狙った場所でいつもバスキングしてくれてるので取り寄せて良かったな~っと思ってます(写真では下の方にも流木ありますがよく床材に潜ってるので邪魔かと思い撤去)



で、これだけ見た目にこだわっておきながら水入れは100均のタッパー・・・


毎日水入れ換えるので、交換し易さ重視にしました



今の所、飼育環境はこんな感じです


これから涼しくなってくので、サイドのメッシュをガラスに替えたり、微妙な変化はあると思いますが基本はこれで行こうと思ってます


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by lajoiedevivre1892 | 2012-09-22 02:59 | 逃太
<< Good Morning ミシシッピニオイガメのトン >>